推しが好きすぎてしんどい

アイドルオタクの戯言だよ!

ワナワン週刊アイドルが面白かった②

前回に引き続きワナワンの週刊アイドルです。

 

書き直しプロフィールならぬ、初めて書くプロフィール。細切れになっている公式の動画を貼っているため、実際に放送された順番ではないと思いますが悪しからず。

youtu.be

ぺジ顔小さすぎでは!?という検証動画。パンで検証しちゃったもんだからドニコニがどんどん食べちゃうのが面白いです。本当にヨソプさんとどっちが小さいんでしょう?いつか並んでくれることを期待します。

youtu.be

セクシーを目指している(?)ソンウンさんのためのセクシーダンスコーナーです。何でもやれちゃうオンさんとか、セクシーの神に愛されたダニエルとか、キュートセクシーなジフンとかいろんな人がやるんですけど、何よりもウジンくーん!!セクシーを通り越してエロすぎたためドニコニに止められる高校生…。未成年だよ、この子…。さすがセクベオレっす。

youtu.be

ダニエルはプデュコンのアンコール前に流された胸キュン台詞を再び言わされていました。釜山訛り萌え。あまりにも釜山訛りが好きで、韓国語自体よく分からないくせに釜山訛りについて調べてしまう今日この頃です。そしてわたしに釜山訛り萌えを目覚めさせた釜山男子パクウジも、同じセリフを言うことになりました。多分無茶ぶりだと思うけどニヤニヤしながらやれちゃうパクウジ…。バラエティ期待できそう。ダニエルはスイートverでやったからパクウジは男らしいverでやります。セリフにキュンとするとか置いといて、訛りキツすぎでしょ!!好きだから全然良いけどね!!

動画がなかったのですが、パクウジはよく人をぶん回すということでドニコニを回そうとして失敗するのも面白かったです。そりゃ回せねぇよ…。それから大阪に住んでいたことがあるというデフィの「道頓堀、これ(日本語)」には笑いました。

 

お次のコーナーは2チームに分かれて、韓牛を賭けて戦います。一回戦目はカバーダンス対決!チーム分けは宿舎での大部屋ルームメイト5人と、小部屋ルームメイト3人×2部屋の6人です。分かりやすくするために、頭につけているモチーフでハートチームとヒヨコ(というかニワトリ?)チームとここでは呼びたいと思います。

youtu.be

ハートチームのエースはパクウジ、ヒヨコチームのエースはデフィ。ダンスのことになると対抗心燃やして目がマジになるパクウジ好きです。でもガールズグループのダンスはデフィにやらせたら右に出るものはいないでしょ…。デフィって実は女の子だったりする?パクウジが踊ると「ガールズグループを踊っている男子」になるけど、デフィが踊ると「ただの女子」です。結局この対決はデフィがいるヒヨコチームの勝ちでした。だけどパクウジも何でも踊れてすごい。二人ともすごい。ブレンニューミュージック(二人の事務所)すごい。「마지막처럼」でウジニヒョンに絡むデフィが面白かったです。ランダムプレイダンスに引き続き、デフィがパクウジに遠慮がない感じがしてとても良い。

ところでセクシーダンスの時もそうだったけど、「それならウジニヒョンが出来ます」的な感じでパクウジを出したがるクァンリンが可愛い。ウジニヒョンをリスペクトしてるのかな?

 

二回戦目はリレーです。とは言っても台車みたいな物の上に這いつくばって、床を滑るやつです。説明むずいな。

youtu.be

結果はハートチームの勝ちです。オンさんが途中休んだのがヒヨコチームの敗因でしょう。オンさんしっかりー!でも1対1にするためのオンさんの配慮だったのでしょうか。それとも出来レース?まあ何にしろ床を這う推しが見れたので全然OKです!面白かった!

 

1対1になったので最後は結局ジャンケンで決めました。ヒヨコチーム代表のジソンシとハートチーム代表のミニョンくん。グーとチョキでジソンシが勝ち、韓牛を手に入れたのはヒヨコチームでした。でもみんなで仲良く食べたと信じてます!!(わたしの推しはハートチームだった)

 

一年半の活動の間に何回カムバするのかは分からないけど、もう一回くらい週刊アイドルに出てほしいな、と思います。バラエティ慣れしたころにね。最後の活動とかね。

ワナワンの良心ミニョンくんと、実はバラエティ向きなパクウジが十分に堪能できた二週でした。いっぱいバラエティ出て!と思うけど韓国のバラエティ番組詳しくありません。アユクデ出るかもっていう話はどうなるんでしょうね…。